拝啓 瀬戸弘幸 殿

平成21年10月10日、徐才喜冤罪事件の取材記録が瀬戸家の石倉から出てきたとの喜ばしい報告を下さってから、早いもので8ヶ月が経過しました。

地裁の判決文全文(特に公印は必須)と、新聞が大きく報じたという、徐才喜さんの逮捕の記事の公表はまだでしょうか?

>>全文はコチラ
2010年4月3日土曜日
瀬戸弘幸さん人生最大の宿題遺棄事件にワールドワイドウェブが挑む (その26)

瀬戸弘幸さんは相変わらずのダンマリを決め込んでいらっしゃるようです。決定的な証拠をお持ちだと自慢気に宣言してからもうすぐ半年経過しようとしていますが、一向に手元にあるという資料をまともに公開されるご様子がありませんね。

御自身の名誉が不当に傷つけられたと主張し、手元にその状況を覆す決定打になる素晴らしい資料を持っていると高らかに宣言なさったのに、どうして尻尾を巻いて逃げるような態度なのか、私には全く理解できません。私に対する苦情は全て勘違いでした、引っ込めますと言っているのでしょうか。

だったら、勘違いで私に対して投げかけた罵詈雑言については、きちんと撤回した上で、失礼しましたくらいのお詫び発言くらいはして戴きたいものです。訴える気もないのに訴えるぞと脅しをかけるような態度を取っているのではないかと、事の成り行きを見ている人たちに誤解されますよ。

瀬戸弘幸さんは、元地主階級でなければ所有していないであろう石倉のあるご実家に一級品の資料がたっぷりある。その資料を第三者にも適正に確認可能な状態で提示するのか、提示を断念して、自分のこれまでの主張は全面的に引っ込めるのか、どちらか態度を明確にして下さい。

どちらか対応方法をハッキリ決めるまでは、つきあい切れないので、デタラメな発言を大量に発信しまくる程度の反応しかされないようなら、私から満足の行く返事は出来かねますので、瀬戸弘幸さんは、予めご了承下さいね。

今回も、例の如く前回予告とは違う内容です。ソチラも下書きは済ませていますが、まずは、徐才喜冤罪事件を一区切りつけておこうと思います。


では、かなり長期間停滞させていた検証をボチボチと再開させて行きます。この停滞期間中に、瀬戸弘幸さんが色々と興味深い発言をしている事にも気づき、有り難いな… と、正直とても感謝しています。





成田空港建設反対運動のリーダー、戸村一作氏が日本赤軍のハイジャックを支持する発言を聞いて、「鳥肌が立つほどの衝撃を受け」て同氏の事が好きになったという瀬戸弘幸さん。他方、『福島市太田町婦人殺人事件』の被害者、福島市の元校長、遠藤文子さんは、日本赤軍のドバイハイジャック事件から生還し、市内で講演を開いたりしていました。

瀬戸弘幸さんと遠藤文子さんの関係は、『ハイジャック肯定者を鳥肌が立つほどの衝撃を受けて支持する若者』と『ハイジャックから生還した恐怖の体験を市民に伝える元校長』という事になります。

遠藤文子さん殺害は昭和51年10月20日。瀬戸弘幸さんは、福島市職員の身分で日本刀でヤクザ者と傷害事件を起こして9ヶ月の拘留を受けた事件は、恐らく昭和52年の春先。出所したのは同年の暮れか、明けて昭和53年の初春頃。「政経東北」の6月号から「徐才喜冤罪事件」が掲載されます。

ハイジャックを非難する講演会を開いていた、元校長の女性が殺害される事件が発生。その数ヵ月後、日本刀でヤクザ者と傷害事件を起こして入獄する若者が、鳥肌が立つ程のハイジャック肯定者で、出所後も実在すら疑わしい在日韓国人が冤罪で警察に吊るし上げられたというフカシ記事としか思えないようなものを書いています。

当時、遠藤文子さん殺しの容疑者すら絞り込みきれずに居た福島県警が、こんな若者の存在を知ったらどのように対応したかは想像に難くありません。

瀬戸弘幸さんは、すぐに誤解してしまうので一応言っておきますが、これは瀬戸弘幸さんが人殺しだと決めつけるものではありません。ただ、当時、真剣に犯人を探していた警察がこれだけの情報を知ったら、瀬戸弘幸さんに懇切丁寧に事情を伺いたかっただろうなと思うという事です。

本当に、徐才喜さんは太田町に住んでいらっしゃたのでしょうか。出所したばかりで太田町婦人殺人事件の捜査陣は、瀬戸弘幸さんを逮捕した福島県警です。モロに面が割れているのにご近所の方々にどうやって聞き込みをしたのですか?

県警さんに顔を見られないように覆面でも被り、身分も本名も必死に隠して聞き込みをしたとでも仰るのでしょうか… そんな事をすれば、3日もかからずに怪しい人物がうろついているという情報が捜査陣の間で飛び交うでしょう。

どのようにして、出所したばかりで面割れ必至の瀬戸弘幸さんが太田町で取材できたのかキチンと説明して下さい。こういう事については、証拠を出せなどとは言いません。納得が行く手法を取っている事さえ分かれば十分です。

非常に簡単な質問に瀬戸弘幸さんは全く答えていないから、周囲の不信感が増大して行くのではないでしょうか。



4 コメント | コメントを書く  

4 コメント:

匿名 さんのコメント...

まず、当時の捜査陣に

取材してみたら?(笑)

ロムちゃん

2010年4月3日 23:24  

shinok30 さんのコメント...

あいかあわらず,回答できないカキコは削除されますね
http://megalodon.jp/2010-0411-0015-38/blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52465068.html
=================================

>朝鮮総連による日本国籍返上運動の犠牲者を助けたかった。そういう事には触れないのですか?
>Posted by せと弘幸 at 2010年04月07日 21:49
 
それならなおさら今の瀬戸さんの言動と整合性がとれないですよ
 
なぜ,瀬戸さんは「在日朝鮮人の無条件帰化」の主張をしなくなったのですか?
 

>特別永住資格者はかつて日本国籍を有していた朝鮮人です。日本は韓国併合で日本と同様の権利を
>与えました。居住、移動の自由もあったので、不法入国というのは当たらないですよ。
>Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年06月19日 15:42
http://megalodon.jp/2008-0716-0055-58/blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/50865365.html

と言っていた人が,どうして,
「あなたがたは勝手に朝鮮半島から日本に不正入国し」とか
「悔しい思いをしてた朝鮮ウジ虫はとっとと帰れ」
「日本の疫病神、癌、ウジ虫、ゴキブリは一人残らず朝鮮半島に叩き出せ〜」とか
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=uc-bfQrXBxc
言ってる西村さんを注意しないのですか?

Posted by shinok30 at 2010年04月11日 00:15

2010年4月11日 3:36  

shinok30 さんのコメント...

http://megalodon.jp/2010-0411-0019-47/blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52466667.html
=================================


>「学習シリーズ・国家社会主義」


瀬戸さんが代表を務める「世界戦略研究所」は,
「民族思想研究会」「自然社会主義協会」「国家社会主義日本労働者党」と「国家社会主義者同盟」を結成していて,
この「国家社会主義者同盟」の代表の篠原さんと瀬戸さんは「ヒトラー思想のススメ」なる本を共著で出していますよね

>国家社会主義者同盟
>政治結社の一つ。代表は篠原節。1991年4月20日、創立。埼玉県さいたま市に本部を持つ。機関誌『ガンツ・ヘルト』(月刊)を
>発行。民族思想研究会、世界戦略研究所、自然社会主義協会、国家社会主義日本労働者党の四団体が統合する形で結成された。
http://ja.wikipedia.org/wiki/国家社会主義者同盟

>ヒトラー思想のススメ—自然と人類を救済するナチス・ヒトラー世界観の120%肯定論。 (単行本)
>篠原 節 (著), 瀬戸 弘幸 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4886560598

そして,「国家社会主義者同盟」の中の「国家社会主義日本労働者党」の主張は
「優勝劣敗の社会ダーヴィニズム理論」なる「人種差別的疑似科学」に基づくもので,
代表の山田さんはオーム真理教の上祐さんやアルカイダのオサマさんとも関係があるようですね
Posted by shinok30 at 2010年04月11日 00:18
 
>国家社会主義日本労働者党

>我が党は、戦前の我が国の国家社主義者である高畠素之、および、<大日本国家社会党>の指導者ならびに
>『ヒトラー「マイン・カンプ(我が闘争)」研究』の著者としても知られる石川準十郎を精神的・理論的指導者
>とするものである。さらに、<進め社>の福田狂二(福田素顕)、「街頭新聞」の主幹であり「水平社宣言」の
>起草者として広く知られる西光万吉、および国家社会主義運動を率いた赤松克麿の唯一の正統的な継承者である。

>また我が党は、明治15年(1882)加藤弘之が上梓した「人権新説」に基づく優勝劣敗の社会ダーヴィニズム理論と
>今岡十一郎が提唱したツラン人種(ウラル=アルタイ系)の理論に基づき、我が人種の優秀性を主張するものである。
>我が党党旗に認めらる鉤十字は、ツラン人種のルーツであるチベット古来の紋章でもある。


>2000年
>2月 「オウム真理教(現・アーレフ)」幹部(現・代表)の上祐史浩氏が広島刑務所出所後、山田同志(我が党代表)と面会

>2001年
>11/9 オサマ・ビン・ラディン師、「日本人へのメッセージ」を我が党に託す。また、同師の公式伝記の和訳を我が党に委任。
http://www7.plala.or.jp/nsjap/rekishi.html
Posted by shinok30 at 2010年04月11日 00:19

2010年4月11日 3:38  

Patmos Pete さんのコメント...

あなたに神を愛しています。聖書を読んでください。

2010年12月17日 20:28  

Template Design: © 2007 Envy Inc.